• 施術メニュー・料金
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 当院までのアクセス

スポーツ外傷・障害

アスリート揃いのスタッフが治療をお手伝い

当院にはサッカー水泳駅伝・陸上野球バスケットボールなど、多くのスポーツをされえる方々が来院されます。
また先生の中には全国大会に出場されている先生もいます。
そのため、スポーツ外傷や障害で来院される患者さまの気持ちが理解でき、親身になって治療させていただいています。
スポーツ外傷・障害の多くは、骨格の問題、体の使い方、肉体の疲労から引き起こされます。休養がベストですが、アスリートにはそれが叶わない場面も少なくありません。当院では、スポーツ活動と並行して行える治療、体の使い方、予防方法を指導するなど、可能な限りアスリート活動をバックアップします。
また三重県でも数少ないエレサスハイチャージ(電気療法)などを使い、早い競技復帰はもちろん、再発予防も行なえます。

  治療の流れ

RICE処置の後は、症状を見ながら手技やストレッチなどで患部をほぐします。その後、テーピングで患部を固定します。

  肉離れと捻挫(ねんざ)

肉離れと捻挫(ねんざ)のイメージ

スポーツ外傷・障害の代表選手ともいえるのが、肉離れと捻挫でしょう。
肉離れは、急激に筋肉を使ったときに筋肉が部分断裂、あるいは完全断裂することです。この肉離れは、筋肉の疲労、また筋肉の緊張により筋肉が硬くなり、急な動きによって引き起ることが多いです。重度の場合、歩行も困難になります。捻挫は、転んだりぶつかったりしたときに許容範囲以上の負荷がかかり、ひねって関節を痛めてしまうことです。捻挫は関節の硬さ、使い方によっても変化していきます。主に手首や足首が捻挫になりやすい部位で、突き指も捻挫の症状です。

  シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)のイメージ

長い距離を走ることで起こるスポーツ障害で、すねの内側に痛みが走ります。自分の体力以上に走ったり、飛んだり跳ねたりし続けると、体重がすねの部分に集中し、ダメージが蓄積して発症します。特に成長期における過度な練習、ストレッチ不足でも引き起こします。陸上はもちろん、サッカー、野球やバスケットボール、エアロビクスなどでも起こります。
初期段階では見過ごされがちで、悪化してから来院される方が多いことも特徴です。
この症状は脛骨という骨の内側に痛みを生じ、ひどくなると疲労骨折もありえます。
陸上のケガについてはこちらもご覧ください。
バスケットボールのケガについてはこちらもご覧ください。

治療方法

ストレッチや手技などで炎症を緩和します。その後、テーピングで固定します。
エレサス、ハイチャージなど患部の細胞を刺激し、細胞の中に眠っているミトコンドリアを叩き起こし、修復させ治癒スピードを上げていきます。
完治には時間がかかるので、復帰するタイミングなど、患者さまの要望を聞きながら治療に当たります。
もちろん、患者さんに合った予防法を指導し、さらにケガ前よりもパフォーマンスを上げていきます。

  腰椎分離症(すべり症)

腰椎分離症(すべり症)のイメージ

腰椎分離症(すべり症)は、腰椎の椎体と椎弓が離れてしまった症状です。先天性の人もいますが、多くはスポーツなどで繰り返し負荷がかかった結果に起こります。疲労骨折に近い症状で、腰痛の症状が現れます。またひどい方は、歩けなくなる方もみえます。

治療方法

まず安静にすることが第一。患部を固定するためにテーピングを施します。
そして経過を見ながら、手技や鍼治療を行います。

  野球肩、テニス肘など

野球肩、テニス肘などのイメージ

特定の競技における筋肉の関節の使い過ぎから起きる症状です。主に肩や肘に起き、野球肩や野球肘、テニス肘、ゴルフ肘などが一般的に知られています。
酷使した患部に休養を与え、手技やストレッチで炎症を和らげます。場合によっては鍼灸治療も行います。
再発防止のため、フォームを確認して、少しでも体の負担を軽減するフォームに修正するアドバイスも行います。
野球のケガについてはこちらもご覧ください。