• 施術メニュー・料金
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 当院までのアクセス
HOME > 症状別メニュー > スポーツ種目別メニュー

スポーツ種目別メニュー

  サッカー

亀山直幸

サッカー選手によくみられる怪我としては、
肉離れや疲労骨折、捻挫などが主なものです。捻挫は早い段階での対処をすることで回復が早期に可能ですが、肉離れや疲労骨折などは長期化してしまう恐れがありますので、スポーツに精通したしっかりとした先生に診てもらいましょう。
また中学や高校などの時期の怪我というのは、医師に休めと言われて休めるほどシンプルな問題ではないように思います。
あくまで本人の意志に合わせた治療やトレーニングなどの指導、サポートを当院では行っていきたいと思っております。

さくら鍼灸整骨院では、大塚紀臣というスタッフが暁高校出身で全国大会にも出場した経験のある治療家が在籍しております。怪我の治療だけでなく、プレーまで考慮したトータルでの治療・アドバイスが可能ですので、安心してお越しください。

  水泳

三輪達郎

水泳選手によく見られる怪我の代表としては、
腰椎分離症や水泳肩、平泳ぎ膝などが主なものです。
腰椎分離症とは、泳ぎの中で繰り返し反復して腰をねじったり、反ったりすることが原因で発症することがほとんどです。背骨の関節部分に疲労骨折を引き起こしている状態です。
また水泳肩や平泳ぎ膝というのは、特に水泳特有の怪我ですので、専門知識のある先生に診てもらうことが実際の動きを想定した治療やアドバイスが行えるのでお勧めです。

  陸上・駅伝

院長 飯田貴久 鍼灸師 伊藤幸洋

陸上選手に多い怪我としては、
シンスプリントやランナー膝、オスグッド、腰痛、肉離れなどが上げられます。
走った時に腕が振れない、足があがらないなどの悩みを抱えることもあります。
いずれも長期間向き合いながら協議をしなければならなくなり、パフォーマンスの低下にもなります。
体の状態のチェックをして良い方向にもっていけるようにしますので、是非当院にご相談ください。

  陸上・駅伝

バスケットボールのイメージ

陸上選手に多い怪我としては、
シンスプリントやランナー膝、オスグッド、腰痛、肉離れなどが上げられます。
走った時に腕が振れない、足があがらないなどの悩みを抱えることもあります。
いずれも長期間向き合いながら協議をしなければならなくなり、パフォーマンスの低下にもなります。
体の状態のチェックをして良い方向にもっていけるようにしますので、是非当院にご相談ください。

  バスケットボール

バスケットボールのイメージ

バスケットボール選手に多い怪我としては、
足首の捻挫や突き指、手や指の骨折、疲労骨折、腰椎分離症などが上げられます。
リバウンドやシュートの時のジャンプの着地の際に、足を捻ったり、バスケットボールのをキャッチし損なったりした際に、指を突いてしまい、突き指やひどい場合には骨折になってしまったりすることが良くあります。
そういった場合には、すぐにアイシングをするなど早期での対処が必要になります。

  野球

廣野智哉

野球選手の方に多いけがとしては、
圧倒的に肩と肘部分の怪我です。いわゆる野球肩と野球肘と言われる怪我です。
特に投手の方には、上記の症状がよく見られます。オーバーユーズによって引き起こされることがほとんどですが、投球フォームに問題があることがあります。上記のような症状がみられた場合には、当院にご相談ください。
野球をされている方の気持ちやプレーまで視野にいれたトータルでの治療やアドバイスが可能ですので、お気軽にご相談ください。

  その他のスポーツ

その他のスポーツのイメージ

そのほかのスポーツとしては、
空手などの格闘技や卓球、バレーボール、テニスなどの患者さまも当院にご来院頂いております。
特に空手などの格闘技は、相手との接触が多くお互いの力がぶつかる競技なので怪我が多いスポーツの一つです。捻挫はもちろんのことで骨折や靭帯損傷なども良く見られます。

テニスであれば、テニス肘やテニス肩といわれる怪我が良く見られます。これらの殆どはオーバーユーズによって引き起こされます。休むことが一番の治療ですが、そうもいかない場合には対処法を提案、アドバイス致します。
バレーボールであれば、突き指や骨折、捻挫、腰痛・ヘルニアなどが良く見られます。
卓球であれば、捻挫や靭帯損傷、骨折なども見られます。いずれも早期での対処によって、早期回復や症状を和らげることが可能ですので、当院のようなスポーツに精通した治療院に一度ご相談ください。