• 施術メニュー・料金
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 当院までのアクセス

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)のイメージ

成長期に長い距離を走ることで起こるスポーツ障害で、すねの内側に痛みが走ります。自分の体力以上に走ったり、飛んだり跳ねたりし続けると、体重がすねの部分に集中し、ダメージが蓄積して発症します。陸上はもちろん、野球やバスケットボール、エアロビクスなどでも起こります。
初期段階では見過ごされがちで、悪化してから来院される方が多いことも特徴です。
シンスプリントは初期段階でも痛みが強く、最悪疲労骨折にも発展します。膝の下内側に違和感、少しの痛みを感じたら気を付けましょう。
予防法は、しっかりとしたストレッチ、ウォーミングアップを行い練習を始めましょう。練習終わりもストレッチ、クールダウンをしっかり行いましょう。
またシンスプリントになりやすい子は足首に問題がある場合が多いです。もしよければご相談ください。
陸上のケガについてはこちらもご覧ください。
バスケットボールのケガについてはこちらもご覧ください。

治療方法

まず痛みの部位にエレサス(電気療法)をかけ細胞の調整を行います。患部だけではなく、膝、股関節、足首にかけることにより患部の炎症を早く止めていきます。
しっかりと身体を評価させていただき、なぜシンスプリントになってしまったのかの原因を見つけていきます。
その後、柔軟性、クッション性、筋肉の適切な力発揮、フォームの改善等をおこない痛みの消失を目指します。