• 施術メニュー・料金
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 当院までのアクセス
HOME > 症状別メニュー > めまい

めまい

  • 原因不明のめまいが起こり、病院には通っているがなかなか効果が出ず悩んでいる
  • めまいにより頭痛がおきる
  • グルグル目がまわり、気持ちが悪い
    (薬を飲んでも良くならない)
  • めまいとともに、耳鳴りも気になる
    (どのようにしていいかわからない)
  • 今の症状を何とかしたい

     めまいとは??


めまいとは実際に回っていないのに、目が回るような感覚になったり、突然目の前が暗くなりクラッとなったり、実際に揺れていないのに揺れて見えたり、目がうつろになり頭がクラクラするなどの現象を「めまい」と呼びます。
また「めまい」とは大きく分けて3種類に分類されます。
1【回転性のめまい
2【浮動性・動揺性のめまい
3【立ちくらみ
となります。

       回転性のめまい

急に発症しやすく自分自身が回転してるかのように、グルグル回ってしまう感覚になってしまう「めまい」です。
それに伴い吐き気・嘔吐・難聴・食欲低下・耳鳴り・うつになりやすいです。
おもに「耳」が原因で引き起ります。


良性発作性頭位めまい症 メニエール病 3前庭神経炎 4突発性難聴 5脳梗塞・脳出血 椎骨脳底動脈循環不全症
が挙げられます。


良性発作性頭位めまい症
耳が原因の中では一番多いと言われています。
朝起き上がる際にめまいが起こり数十秒で治まる症状です。

メニエール病
数時間から1日以上激しいめまいと吐き気・嘔吐に襲われ、時に難聴・耳鳴りまたうつ状態にもなりやすい事もあります。
メニエールは放置しておくと悪化し耳が聞こえなくなることもあります。

前庭神経炎
これは突然激しいめまいと嘔吐に襲われ2、3日は症状が引かず発症から1週間歩行が困難になる方もいます。

突発性難聴
原因不明で突然耳が聞こえづらくなったり、めまいを引き起こします。
これは病状にに気づきにくく、症状が悪化しやすく治りにくいです。

脳梗塞・脳出血
小脳や脳幹に支障をきたすめまいです。
意識・運動障害を引き起こし、会話もろれつが回らなくなったり、頭痛・頸の痛みなども発症します。

椎骨脳底動脈循環不全症
めまいとともに、視界がぼんやり・意識が遠くなる・嘔吐・手足のシビレ麻痺などを引き起こします。

     浮動性・動揺性のめまい

よろめき、自分自身が宙に浮いているような感覚が起きてしまい、真っ直ぐに歩きにくくなる状態です。
「脳」が原因で起こりやすくその主な症状は頭痛・身体のシビレ・運動麻痺・吐き気などです。
「回転性めまい」より症状は軽いですが、予後が悪いので注意しましょう。


これには1緊張性頭痛 2脳腫瘍 3椎骨脳底動脈不全症 4高血圧脳症 5起立性低活圧
などが挙げられます。

緊張性頭痛
激しいストレスや目の疲れ、肩こり・首コリなどから生じやすいです。
細胞の緊張から引き起りやすい頭痛です。
頭痛と一緒にめまいも起こしやすいです。

脳腫瘍
激しいめまいは無いですが、平衡感覚が失われます。
めまい・耳鳴り・難聴・頭痛・顔面に違和感が起こります。

椎骨脳底動脈循環不全症

高血圧脳症
急な血圧の上昇により脳がむくむ症状です。
頭痛・吐き気・嘔吐・意識・視力障碍を伴いやすいです。





 

     めまいと耳鳴り

めまいと耳鳴りはよく同時に起こりやすいです。
ではどのような病気などが起こるのだろうか?
・突発性難聴
・メニエール
・前庭神経炎
また
・自律神経失調症
・うつ病
・甲状腺機能亢進症
・頭蓋骨の歪み
・顎関節症
などの病気からも発症します。

     対処法・予防法

食生活
間食を摂り過ぎたり、食事のバランス、食事の量、食事の時間帯のバランスが悪いとあまりよくありません。
糖分は必要ですので質の良い物を食べましょう。(果糖・ハチミツ・黒糖など)
またアルコールをよく飲まれたり、コーヒーなどをよく飲まれる方もよくありません。
水分はしっかり摂りましょう。
ミネラルの含んだものは、なお良いでしょう。


運動不足
あまり運動されていない方は代謝が悪くなるので気を付けましょう。
軽いウォーキング(15分程度)、ストレッチなどを程よく行いましょう。
体力をつけるのではないので軽くで良いです。
また身体が硬いとリンパの流れにも影響しますので気を付けましょう。

睡眠
睡眠は質・起きる寝る時間が大事になってきます。
時間とは寝る時間、起きる時間を決めることによりノンレム・レム睡眠のバランスが取れて良い睡眠になります。
質は副交感神経が上昇しやすくすることにより、飛躍的に良くなります。
その方法は寝る前に糖分(果糖・ハチミツ・黒糖)を少し摂る。お風呂の温度を少しぬるくしていつもより長めに浸かる。
またアロマなどをたくのも良いでしょう。

その他
趣味・音楽などを行うのも良いでしょう。


これらの予防方法で完ぺきではないですが、ストレスを溜めにくくし自律神経を整えてあげると良いでしょう。

     患者さんの声を参考にしてください!

当院に来られた患者さんの中で、他の院で治療をしたがなかなか良くならなかった方の声になります。
参考までにご覧ください!!

患者さんの声
 

データを入力して下さい