症状別記事

2018年7月 2日 月曜日

注意欠陥・多動性障害(ADHD)について



【注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは?】
注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)と言った3つの発達障害のことを言います。
症状の発言時期は人により異なりますが、3歳~12歳くらいにみられます。
人によっては大人になってから診断を受けることもあります。

【症状は?】
不注意
集中力が続かない・気が散りやすい・忘れっぽい
・好きな事には集中しすぎてしまう
・対面で話しても聞いているような感じがしない
・学校などでの不注意
・やっていることに集中が続かずあきらめてしまう
・忘れっぽい
・同じことを繰り返すのが苦手
・現時点での自分の状況を客観的に分析できずその場に適した行動につなげることは出来ない。

多動性
じっとしていられない・落ち着きがない
・一歩的に話してしまい過度になる
・同じ場所にじっとしにくい
・イベントなど静かにする場所でもおとなしくするのが難しい
無意識のうちについ体が動いてしまう事が抑えれない

衝動性
思着いた行動についてすぐに行動する
・順番を待つのが難しい
・他の人に合わせるのが難しい
一瞬立ち止まって考え行動することが難しくなります

「不注意が目立つ状態」「多動性・衝動性が目立つ症状」「混合した状態」の3つに分かれます。
がこれらの症状があるからと言ってADHDとは限りません。

【原因は?】
現在では脳の前頭前野に異常があると言われています。
脳の働きが偏っているとも言われています。
また神経伝達物質の関連性が原因ともいわれています。
神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンな力が不足になりやすく、神経伝達物質の機能が発揮できない為、ADHDの症状である不注意や多動性があるものと言われています。
情報伝達が不十分になってしまうからだ。
家庭の環境・しつけには関係ないです。


【予防方法】
この症状は皆さんの協力が必要になってきます。
「こうしなければダメ!」
「どうしてしてくれないの!!」
等は思わなくても大丈夫です。
基本的には成長とともによくなる方は沢山います。
また当院で行う自律神経整体でも改善させることは可能になります。
もし気になる方がいましたらご相談ください。



投稿者 明鍼整骨院 | 記事URL

2018年6月29日 金曜日

椎間板ヘルニア



『昔、腰椎のヘルニアになったから、もう治らない、、』
慢性的な腰痛に悩まされている方にお話しをお伺いすると、よく耳にします。
  椎間板ヘルニアになってしまったら、一生腰痛とお付き合いを しなければならないのでしょうか??  
それは、皆さんの思い込みで、実際はそのようなことはありません!! キチンとした対処をかつ原因が分かれば、腰痛の悩みが解決するキッカケにもなります。    

そもそも、ヘルニアって何なの??

「椎間板ヘルニアになっていますね。」と整形外科さんに言われるかと思います。
椎間板ヘルニアは、椎間板がヘルニアを起こすということを表しているのですが ヘルニアを病名の様に思っている方が多いように思います。
  では、ヘルニアとはどんな状態になることなのでしょうか。 ヘルニアとは、突出した状態のことを指します。
ですから、椎間板ヘルニアは、椎間板が突出してしまった状態のことを言います。
  椎間板は24個の脊椎の間にあるクッションの役割をしているもので、 背骨にかかる負荷を軽くしているものです。 構造については中心に髄核(ずいかく)があり、髄核を包み込むように 繊維輪(せんいりん)があります。
  例えば、大福でイメージしてもらうと分かりやすいと思います。
髄核を餡、繊維輪を大福の皮です。
ですので、ヘルニアを起こしている状態と言うのは、 大福の中身の餡が出てしまうと思っていただければと良いと思います。
その餡が神経を圧迫しシビレ・痛みを出している原因なんですね。  

椎間板へルニアは、どのような痛み?

足やお尻のしびれ
前かがみになると痛みやしびれが強まる
鈍い腰痛が慢性的に続く
腰に急な激痛がある  
椎間板ヘルニアは、ぎっくり腰のような急な激痛や腰に鈍い痛みがしつこく続く事があります。
腰痛以外の特徴的な症状として、"下半身の痛みやしびれ(坐骨神経痛)"を伴うことが多いです。
腰の痛みから始まり、症状が悪化すると足に症状が出始めます。
左右どちらか一方の足に現れることが多く、 お尻から太ももの外側・後ろ側、膝~足首までの外側、時にはつま先までと広い範囲に及びます。
  また、前かがみや中腰の姿勢など、腰を前に曲げた時に腰~足の痛みやしびれが強まります。
痛みのため長い時間座っていられないこともあります。    

ヘルニアの予防方法!

◇腹筋・背筋を『ウォーキング』で鍛えましょう
  椎間板ヘルニアを予防するためには、腹筋と背筋を同時に鍛える必要があります。
腹筋だけとか、背筋だけ鍛えるよりも、同時に鍛えた方が椎間板ヘルニアを効果的に予防が可能です。
まず腹筋や背筋を鍛える最も基本的な運動は、「腹筋運動」「背筋運動」になります。
どちらも耳にしたことある運動で、一度は試した事があると思います。
  しかし、背筋運動や腹筋運動と言うと【腹筋】・【背筋】といった筋肉トレーニングを思い浮かべるかと思います。 また、そのトレーニングも良いとわかっていてもなかなか、続けられないという方も多いです。
そういった方にお勧めしたい運動は、『ウォーキング』です。 ウォーキングは、正しい方法をとる事で背筋や腹筋を上手に鍛える事ができる運動なのです。  
◇効率よく鍛える、ウォーキング方法!
  上記で説明したように、椎間板ヘルニアを効率よく予防するためには、ウォーキングがお勧めです。
でもただ歩くだけでは、背筋と腹筋を鍛える事ができません。
では、『効率よく鍛えるウォーキング方法』とはいったいどうすれば良いのでしょうか? まずは、背筋をピンと伸ばす事、歩幅をなるべく大きくとる事を心掛けてください。
ウォーキングを毎日10分程度する事で、背筋や腹筋を効率よく鍛える事ができます。
  毎日ウォーキングの時間をとる事ができないという方は、仕事や買い物などの行き帰りの少しの距離を利用してみてはいかがでしょうか。
暑い日(夏などの季節は)涼しい時間帯(早朝・夕方)や熱中症予防をしっかりして行ってください。
姿勢をピンと伸ばして、お腹にきゅっと力を入れながら歩くだけで、背筋や腹筋が鍛えられます。
このように、椎間板ヘルニア予防には、腹筋運動、背筋運動、ウォーキングがお勧めです。 もちろん無理はいけませんので、無理しない程度に続けてください。    

最後に

四日市市桜台のさくら鍼灸整骨院は あなたの悩んでいる症状の原因を探し一時的な改善ではなく、根本的な症状の改善治療をしています!!   悩みから解放されたい!私の症状は大丈夫? 気になったらご相談下さい。

投稿者 明鍼整骨院 | 記事URL

2018年6月27日 水曜日

ありがとうございます

【患者さん】
Sさん 55歳 女性 介護職

【症状】
腰痛・肩こり・膝の痛み

【患者さんの声】
いつもありがとうございます。
院長とは15年前に仕事先で知り合い大塚君はまだ学生でした。
ある日似顔絵の入った医院紹介を見て来院しました。
息子ともどもよろしくお願いします。
今は足が痛くて大変です。



【先生の一言】
介護職のため日頃の体に加わる疲労のストレスはすごいものです。
そのため家出の予防もしっかりしてもらい院では自己治癒能力を高める治療を中心とし、膝中心の治療も別で行っています。

投稿者 明鍼整骨院 | 記事URL

2018年6月27日 水曜日

チック症について



【チック症とは】
まばたきや首振り、手が急に動いたりと一見クセの様に見える症状です。
突発的、急速、無意識、繰り返される不規則な動作のことを言います。
基本的には3歳~10歳頃に起こりやすい症状で、大人になるにつれて消失しやすいです。
心(自律神経)に深く関係していると言われています。

【主な症の種類】
音声チック
1単純性
咳払い、鼻ならし、しゃっくりは横隔膜などの収縮によって引き起ります

2複雑性
苦言、同語反復、同響言語は言葉の繰り返しや音節の繰り返し、悪口的な事を行います

運動チック
1単純性
まばたき、肩のすくみ、四肢の伸展動作は繰り返し行います

2複雑性
汚行、同響動作はあまりよくない行動、他の人の動きをまねてしまう症状です

【種類】
1トゥレット症
シック症状から1年以上経過していて音声・運動の両方の症状がみられます

2慢性運動・音声チック症
どちらか(音声・運動)のチック症状がみられ、発症してから1年以上経過している

3暫定的チック症
どちらか(音声・運動)のどちらかの症状で、発症してから」1年未満

【チック症の要因】
身体的要因、環境的要因に分かれています。
遺伝性の場合もあります。
不安や興奮激しい疲労により悪化し、落ち着けるような場所、環境であれば症状も軽くなりやすいです。

【合併症】
チック症の人は他の障害を合併している方もいます。
ADHD(多動性注意欠陥)、強迫性障害などです。

【どうすれば良いの?】


これは個人的な問題で済ませてしまうと悪化しやすく治りにくいです。
周りの方の理解と協力が必要になってきます。
落ち着けるような環境づくり、あまりクセの様なしぐさをしても「やったらダメ!!」的な事を言うのは避けましょう。
また分からないことがありましたら、専門医に診てもらうか、当院にご相談ください。


投稿者 明鍼整骨院 | 記事URL

2018年6月20日 水曜日

自分の身体に向き合おうと思いました。

【患者さん】
S・C 49歳 女性 パート

【症状】
腰痛・股関節の痛み・神経痛・50肩

【患者さんの声】
友達に紹介して頂き、こちらにお世話になって4年以上になります。
先生方の親しみやすい所と分かりやすい説明がとてもいいと思います。
ついつい他の話も沢山します。
4月から内容が変わり不安でしたが自分の体の悪い所、歪みが分かり、私も真剣に自分の体に向き合おうと思いました。
こういう所を探している人はたくさんいると思います。
ついつい宣伝してしまっている自分がいます(笑)同僚の方も通い始めて「場所は分かりにくかったけど、痛かった腰の模型を使って説明してくれたから分かりやすかった」と、言っていました。
予約制になりさらに行きやすくなりました。


【先生の一言】
この患者様は健康意識が高いので話の内容も健康に向けての話が多いですね。
最近は全身の施術に加え全身エレサスの自律神経にもよく効く電気を流しています。

投稿者 明鍼整骨院 | 記事URL