症状別記事

2018年6月27日 水曜日

チック症について



【チック症とは】
まばたきや首振り、手が急に動いたりと一見クセの様に見える症状です。
突発的、急速、無意識、繰り返される不規則な動作のことを言います。
基本的には3歳~10歳頃に起こりやすい症状で、大人になるにつれて消失しやすいです。
心(自律神経)に深く関係していると言われています。

【主な症の種類】
音声チック
1単純性
咳払い、鼻ならし、しゃっくりは横隔膜などの収縮によって引き起ります

2複雑性
苦言、同語反復、同響言語は言葉の繰り返しや音節の繰り返し、悪口的な事を行います

運動チック
1単純性
まばたき、肩のすくみ、四肢の伸展動作は繰り返し行います

2複雑性
汚行、同響動作はあまりよくない行動、他の人の動きをまねてしまう症状です

【種類】
1トゥレット症
シック症状から1年以上経過していて音声・運動の両方の症状がみられます

2慢性運動・音声チック症
どちらか(音声・運動)のチック症状がみられ、発症してから1年以上経過している

3暫定的チック症
どちらか(音声・運動)のどちらかの症状で、発症してから」1年未満

【チック症の要因】
身体的要因、環境的要因に分かれています。
遺伝性の場合もあります。
不安や興奮激しい疲労により悪化し、落ち着けるような場所、環境であれば症状も軽くなりやすいです。

【合併症】
チック症の人は他の障害を合併している方もいます。
ADHD(多動性注意欠陥)、強迫性障害などです。

【どうすれば良いの?】


これは個人的な問題で済ませてしまうと悪化しやすく治りにくいです。
周りの方の理解と協力が必要になってきます。
落ち着けるような環境づくり、あまりクセの様なしぐさをしても「やったらダメ!!」的な事を言うのは避けましょう。
また分からないことがありましたら、専門医に診てもらうか、当院にご相談ください。




投稿者 明鍼整骨院