症状別記事

2018年5月 5日 土曜日

更年期障害(ホットフラッシュ)



【更年期障害(ホットフラッシュについて)】
突然身体がカーっとなったり、大量の汗が出てしまう経験は皆さんありませんか??
その症状は更年期障害の1つでもある「ホットフラッシュ」かもしれません。

「ホットフラッシュ」は自分の意思とは関係なく、季節・時間帯は関係なく発生します。

【ホットフラッシュとは??】
ホットフラッシュは季節・時間多などは全く関係なく何をしていても、汗をかいたり・身体が火照ったり・顔も紅潮したりします。


【ホットフラッシュの原因】
ホットフラッシュの原因は血管の拡張・収縮をつかさどっている自律神経の乱れていることが多いです。
自律神経が乱れてしまうのは、閉経により卵巣の働きを助けている女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少しているからです。
視床下部から出ているエストロゲンが卵巣に行きにくくなるとバランスを崩します。
そのため自律神経をと問えるためにホットフラッシュが発生してしまいます。


【予防法】
いろいろな予防法がありますが、ここでは普段簡単に出来る事をお伝えします。
食事療法
もちろん白湯などで水分を十分に補給してください。
また食事については時間・質・量を調整しましょう。
質は特に「鉄分・亜鉛・ビタミンB群・カリウム・カルシウム・マグネシウム・アミノ酸など」を摂取してください。
ミネラルが大事というう事ですね。
運動
ストレッチ・ウォーキングなどを15分程度しましょう。

【補足】
ホットフラッシュというだけであきらめる必要はありません。
もしお悩みの方がいればご連絡ください。







投稿者 明鍼整骨院