自律神経整体

2017年9月 9日 土曜日

パニック障害について

【パニック障害】

今回はパニック障害について書いていきます。
パニック障害とは突然来る激しい動機や発汗、頻脈(脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまい、腹部の違和感などといった症状を30分~1時間以内起こってしまう症状のことを言います。
また症状が出ていない際に、血液検査、心電図を検査しても異常が出ないことも分かっています。
その結果病院に行っても、異常はありませんと言われることが多いそうです。
日本では100人に1人がかかると言われている症状です。

【パニック障害の要因】
恐怖や不安の際に放出される神経伝達物質「ノルアドレナリン」と、興奮などを抑える神経伝達物質「セロトニン」が関わってきていると言われます。
このノルアドレナリンが過剰に分泌されている、もしくはセロトニンが不足したり、レセプターが不足しているためと言われています。
予期不安
何回か繰り返すうちに、また発作を起こしたらどうしよう、というパニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれてくる。

広場(外出)恐怖 
逃げ場のない場所でのパニック発作や、また発作を他人や大勢の人に見られることの、恥ずかしさ、不安、恐怖を生み外出を控えたり、外に出にくくなります。


この様な方は要注意です。

心臓がどきどきしたり、脈拍が増加する

手のひらや、全身に汗をかく

身体や手足が震える

息切れ、息苦しさを感じる

のどが詰まった感じがする

胸の違和感、痛み、不快感がある

吐き気、腹部の不快感がある

めまい、ふらつき、気が遠くなる様なときがある

現実感が無くなり、自分が自分で無くなる時がある

10自分をコントロールできなくなる不安、気が狂う恐怖感に襲われる

11死んでしまうという恐怖

12体の一部のシビレ、うずきがある

13冷たい感じや、ほてった感じがある

この中に4つう異常当てはまる方は要注意です(あくまでも目安にしてくださいね!!)。

【パニック障害になり易いと言われている方】
・漠然とした不安を抱えたり、日常生活の事柄を過剰に心配する

・事故、災害、家族の不幸、暴力などの体験で心に傷を負ったことで発症。夢でうなされたり、恐ろしい場面を繰り返し思い出したり神経過敏や不眠などなる

・家の鍵をかけたか、窓を閉めたか何度も気になる

・パニック発作が起きることを心配しその場所に行けない

・人前に出たり、対人関係が怖い、赤面症 ・特定の事柄に恐怖、高所恐怖症、閉所恐怖症など うつ病を併発してしまうことも・・・

・アルコール依存所になりやすい 日常生活での予防 ・食生活の改善 ジャンクフード、糖分の摂り過ぎには注意。栄養のバランスを考え、規則正しい食事を心がけましょう

・規則正しい生活 睡眠不足、疲労、かぜ、二日酔いに注意しましょう

・軽い運動 乳酸を溜めないように、1日15分以上は散歩など適度な運動を行う

・自律神経を整える 好きな音楽を聴いたり、自分の趣味を程よく行いストレスをためないようにしましょう

・飲酒、喫煙、カフェイン 飲みすぎ、吸い過ぎに注意しましょう 家族の人はどのように接するの?

・まず、病気についてしっかりとした理解をしてあげてください。身体に異常はないが、仮病、気の持ちようで治るものではないのです。

・発作が起きても慌てず「すぐに良くなるよ」と背中をさすってあげてください。

・なるべく、外出時にはサポートをしてあげてください。

・うつ病も併発することを知っておいてください。


この様に、「パニック障害」は病院の検査ではっきりとは数値などで出てきません。それゆえ、見逃しやすい症例の1つです。
もし少しでも気になる方は、専門医に診てもらう、もしくは当院にご相談ください。 当院では三重県でも数少ない自律神経整体を行っております。 無料カウンセリングも行っておりますので、お気軽にご連絡ください。 スタッフ一同心よりお待ちしております。    


投稿者 明鍼整骨院