• 施術メニュー・料金
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 当院までのアクセス

安藤聡輝のブログ

2016年6月28日 火曜日

ぎっくり腰を繰り返す原因

こんにちは、鍼灸師の安藤です。

皆さんはぎっくり腰を経験したことはありますか?
重たいものを持つ時や、腰を捻った際に腰が
痛くなったことはありませんか?


最近、当院ではぎっくり腰の患者さんが増えてきています。
それも何回も繰り返している患者さんです。

再発してしまう原因は様々ですが、必ずと言っていいほど
この筋肉が関わってきます。
その筋肉は、「大腰筋」です!!



大腰筋は、主に歩く・走るといった動作の時に使われます。
陸上選手で足が速い人は大腰筋が凄く発達しており一般の方に比べ筋繊維が太いです!
大腰筋が発達していると、足が速くなり姿勢も良くなります。
大腰筋の細かいことは後日とさせていただきます。


写真でも分かると思いますが、大腰筋は腰の背骨~股関節の内側に付きます。
なのでぎっくり腰になるとこの筋肉が収縮した状態が続いてしまうので、腰痛や腰を前に曲げた状態でないと歩けないという症状になってしまいます。


この筋肉を緩めるには普通のマッサージではダメです。
それを知らずにマッサージして湿布を貼って騙し騙しで過ごしていくと大腰筋が硬い状態になってしまい、再発してしまいます。

これを読んで思い当たる方はいらっしゃいますか?
繰り返すのは嫌ですよね?


こういった症状には、やはり鍼治療が効果的です!!
大腰筋は、腰の一番奥にあるため(大体7cm)普通の
短い鍼では届きません。
当院ではしっかり奥まで届くように9cmの鍼
用意しています!

実際に使っている鍼です。
右が9cmで左が浅い所に使う鍼です。
分かりづらくてスミマセン。





この鍼を大腰筋まで刺していき、そのまま30分置いておきます。
すると、来院された時は腰を曲げた状態あるいは歩くのが困難だった患者さんが、何事もなく普通に歩いて帰られることが多くみられます!

大体この治療法で2~3回やったら痛みは90%ぐらいなくなります。


再発するぎっくり腰で悩んでいる方は1度当院へご相談ください。

TEL:059-363-3713