• 施術メニュー・料金
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 当院までのアクセス

患者さまの声

2016年6月20日 月曜日

患者さまの声 主訴:鼻づまりが治らない 9歳男性

こんにちは、鍼灸師の安藤です。

今回は、鼻づまりが治らない患者さんについてお伝えしていきます。

当院に来院される患者さんの8割は運動器疾患ですが、
たまに内科的疾患を訴える患者さんが来院されます。

そういいう時は、鍼灸治療又は自律神経治療コースで
対応しています。
今回は、この患者さんのお母様のご希望により
鍼灸治療で対応させていただきました。



初診日:5月31日

<経過>
 4・5歳の時から鼻づまりで悩んでいる。
先週の金曜日(5月27日)に耳鼻科へ行き「副鼻腔炎」と診断された。鼻粘膜に炎症が起きそのせいで空気が通りにくくなり
鼻づまりが起きていると説明された。鼻水は出しやすくする薬とアレルギーを抑える薬を処方してもらった。
それでも鼻づまりは改善されなかった。

 年中鼻づまりで悩んでおり、今週に入ってから辛くなってきた。両鼻が詰まっており、鼻水は黄緑色で粘っこい。
空気が通らないので口呼吸をしてしまう。そのため喉は乾きやすく、夜寝ていると呼吸が止まることがあり、
朝になると起きたくても起きれない状態が続いている。学校から帰ってくるとぐったりしている。
 鍼灸治療なら何とかなるのではないかということで当院に来院された。



<既往歴>
稲・スギ花粉、ハウスダスト(5歳~)
5歳の時、中耳炎(水泳中)

<所見>
・睡眠;夜中の3時~3時半に毎日起きる
・小便;1日に8~10回で色は黄色
・食事;野菜が嫌い、ニオイが分からないときがある、1カ月に1回味がしない、冷飲・冷食を好む
・寒暖差に弱い、暑がり、集中力の低下、全身倦怠感
・3日前から咳がでる
・痰がでる(黄緑)
・顎を上に向けることが多い
・頭がぼーっとする

<東洋医学的所見>

・脈⇒滑・肝が弱い
・舌⇒舌尖紅、舌苔黄、芒刺舌

弁証結果⇒痰熱阻肺証

<治療>
太衝・陰陵泉・復溜・合谷・尺沢・曲池・印堂・百会・豊隆というツボに鍼をしました。

治療後は、鼻づまりが少し改善し鼻水が大量に出ました!


2診目以降は、治療を重ねるごとに鼻づまりが改善していき、
5診目では、鼻水がほぼ出なくなり鼻づまりも解消され、口呼吸の状態が続かなくなりました!


短期間でこんなに効果出るとは正直思っていなかったのでびっくりしました笑
改めて、鍼灸の素晴らしさを体感した症例でした。




鍼灸は性別・年齢問わず、治療が出来る素晴らしい医療です。
今回の症例のように、内科的疾患で悩んでいる方がいましたら
いつでもご相談」ください!

TEL:059-363-3713



投稿者 明鍼整骨院